頭しらみの生態について 頭のしらみの写真の画像で卵を駆除する予防対策の治療法

頭しらみの生態について

頭しらみの生態について考えて見ます。
頭部に産みつけられた頭しらみの卵は1週間から10日で孵化(ふか)します。

この孵化(ふか)とは卵がかえること。卵から新しい個体が脱出してくることを言います。

そして孵化したあと幼虫はさなぎにはならずに3回ほど脱皮をして、2〜3週間ほどで成虫となります。幼虫と成虫の形はほとんど同じです。

その後成虫は1日に約5個ほどの卵を産み、1ヶ月間に約150個の卵を頭部の根元に近いところに産卵するのです。

頭しらみの卵から成虫になるまでの期間は約1ヶ月です。成虫の寿命は約1〜1.5ヶ月ぐらいといわれています。また、羽などはないので飛んだりすることはなく、あまり動き回るということはないようです。

頭しらみは幼虫でも成虫でも吸血しますが、頭部から離れてしまって吸血できなくても1から3日間ぐらいは生存することができるといわれています。

頭しらみの生態をはじめて聞いて、びっくりしました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。