しらみとは何だろう? 頭のしらみの写真の画像で卵を駆除する予防対策の治療法

頭しらみとは?

頭しらみとはどういうものでしょうか?

まずは、しらみについて説明してみようと思います。

しらみは、人間の頭髪や衣服に寄生し、血を吸って生きる寄生虫で、しらみに血を吸われると、蚊に刺されたのと同じように強いかゆみが起きます。

しらみには頭髪に寄生するアタマジラミ(頭虱)、肌着や衣服に潜んでいるコロモジラミ(衣虱)、陰毛部に寄生するケジラミ(毛虱)の3種類があります。

頭しらみは人間の頭皮に寄生しま、その症状は、頭部とくに後頭部・側頭部に強いかゆみ・湿疹がおこります。

頭しらみの卵により頭髪に白い点々が付着し、一見ふけのように見えますが、フケとの違っては軽く指ですいてもなかなかとれず、やや立体感と光沢があります。

放置しておくと頭皮に赤みやカサなどの湿疹の症状が加わってきてしまいます。

頭しらみの卵は、約1週間で孵化(ふか)し、幼虫→成虫となるまで1〜3週間で成長すると言われており、幼虫は蛹にはならずに約3週間で3回脱皮して成虫となります。

寿命は30日〜45日程度ですが、人の頭皮から吸血しないと2〜3日で死んでしまいます。

頭しらみは感染力が強く、集団発生する場合が多く、、発生は幼稚園から小学生ほどの小さなお子さん、特に女の子に多いのが特徴なのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。