頭のしらみの卵を見つける方法 頭のしらみの写真の画像で卵を駆除する予防対策の治療法

頭しらみの卵とフケの見分け方について

頭しらみの成虫は、黒っぽく大きさは1mm〜4mmで、見つけることはむずかしいですが、頭じらみの卵はすぐにみつけることができます。
頭じらみの卵が見つかったら成虫もいるものと思って間違いないようです。

頭じらみの卵は、直径が0.5mmぐらいの黄色味を帯びた茶色の丸っこいもので、髪の毛にしっかりついていて、その抜け殻は白くてフケに似ています。

頭じらみの卵とフケの違いがよくわからないという人は次の特徴を参考にしてください。

フケの特徴。
形はいろいろで、厚みがない感じ。
毛の上に乗っている感じ。
手で触れば、すぐに取れる。
比較的地肌の近くに見られる。
卵より小さい。

頭じらみの卵の特徴は
形が丸っこくて直径が0.5mmくらい 。
手で触ってもすぐに取れない。(抜け殻だとすぐにとれることもある。) 。
毛の根元から2〜3cm毛先によったところにうみつけられている 。
毛を取り巻くようについている 。
髪の中のほうで、両耳の上の辺りから後頭部にかけてつきやすい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。