しらみが感染しやすい部位 頭のしらみの写真の画像で卵を駆除する予防対策の治療法

感染しやすい場所とは?

プールが感染源になりやすいわけです。
頭を直接くっつけるか、頭をふいたタオルを共有するとうつります。
親虫も温度にきわめて敏感で、やはり落ちると死んでしまいますが、夏場など親虫は身体を這上がって来ることもあるようです。

プールの脱衣所やロッカーは、湿度も高く温度も高いので長く生きていますし、最近は温水プールで冬場でも感染します。接触するようにタオルを掛けていると移動します。

幼稚園などでは床に直接ねころがったりするので感染し、特に枕は危険です。親虫はバルサン等で処理します。また乾燥させ、温度を下げるのも大事です。

頭しらみは、夏が主体でしたが、今は年中流行しているようです。虫は2〜3mmで色は灰から白です。また血を吸うと黒っぽくなります。卵は34度以下でも以上でも孵化しにくくなりますので、落ちた卵による感染はほとんどありませんが、家では掃除機でていねいに吸い取ってくださいね。

ちなみに、毛じらみと頭しらみは人間の頭と陰部で住み別けているくらいですから、動物間で移動することはないと思われます。一種の有毛動物がいれば一種の虱がいるぐらい分化していますが、ゴリラや、チンパンジーのしらみも人間には感染しません。
しらみは高度に進化した昆虫で、何万年にもわたって、宿主の動物に適応してきたので強敵ですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。